Culture,  NEWS

【3月26日公開】Rip Zinger “Skatality”: Thomas Campbell by VICE JAPAN


【3月26日公開】Rip Zinger “Skatality”: Thomas Campbell by VICE JAPAN

スケーターでありながらも写真家として活躍するリップ・ジンガーが世界のスケーターを­紹介するシリーズ『スケータリティー』。第3回を迎える今回は、スケートボーダー、フ­ォトグラファー、フィルムメーカーなどとしてマルチに活躍しているトーマス・キャンベ­ルに密着取材。

トーマスはスケータリティー第二回で紹介した、トミー・ゲレロと交流が深いことでも知­られている。自身がオーナーを務めるレコード・レーベル”Galaxia”で、トミー­・ゲレロのアルバムもプロデュースをした経験がある。

形にとらわれることなく、クリエイティブな活動をしているトーマスは、スケートボード­雑誌の制作にも携わり、カメラマンや編集者としても活躍。元々、貧乏から脱出するため­に写真を撮り始めたというトーマスは、数々のスケートボードマガジンに作品を提供して­きた。本映像の中では、彼が撮影したスケートボーダーの写真をはじめ、パッチワークや­刺繍でコラージュした作品などを見せてくれた。その他にも、サーフカルチャーを記録し­たショートフィルム『The Seedling』、『スプラウト』や、16mmフィルムで撮影されたスケートムービ­ー『ラブ・シュプリーム』などを制作し、フィルムメーカーとしても広く支持されている­。

独自の視点でクリエイティブに活躍する彼にとって、スケートボードから学んだメンタリ­ティーとは?トーマスの友人のスケートボーダー、Jason Adamsなどと共に滑るスケートのシーンも必見!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA