Art,  Culture,  Eat,  Fashion,  NEWS

“cherry” world tour in TOKYO by supreme

supreme

William strobeck によるSupreme初となるスケートビデオの試写会が2014年3月27日に都内で行われた。”cherry” world tourとして来日しているFilm DirectorのWilliam Storobeck、そしてJason Dillが開演前の映画館前で大声で笑いながら、その回りでは、”彼ら”を”Supreme”を、そして”cherry”をリスペクトする現役のKIDSや元KIDSたちが囲む。

普段見慣れた渋谷をいつもとは違う風景に変えてしまっている。
それはまさにCulture in the Streetだ。

supremeが設立されて20年。スケートビデオを撮影するのが初めてだというWilliam storbeckがsupreme初のスケートビデオである”cherry”を撮影したのだと語る。

初めてづくしで産まれたビデオ。そのタイトルが”cherry”。

私がsupremeを知ったのが1997年で19歳の頃だったと思う。18歳から19歳を終える頃までの短い期間ではあったが新宿のいろんな所をスケートで滑走していた頃に知ったsupremeもすでに20年。

20年という月日はたくさんのものが変わっていく中で、私はというと、とうぜん右往左往し、迷走し、困惑し、そして今も右往左往と根無し草のような人生を送っているが、supremeは「右往左往」ではなく「東西南北」に所狭しと変わらないスタンスで滑走をし続けている。

“cherry”を見終えた後に、過去の想い出を彷徨い、私は渋谷の交差点でひとりごちた。

『cherry』 The Supreme Video Coming Soon..
http://www.supremenewyork.com/random/cherry


SUPREME – CHERRY TRAILER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA