Please follow and like us:

頻繁にベトナム料理を食べに行くことがある人や、

ベトナムに馴染みがある人以外は、

もっぱら米麺(フォー)だったり米粉(生春巻など)ものだったりを

チョイスするのではないでしょうか?

 

わたし自身も、ベトナムに短い期間だったけど旅行に行ったときには、

朝も夜もそんな食生活をしていました。

 

麺類や米粉もの。日本でも割とどこに行っても食べられる。

不信感がなくて頼みやすい。それがチョイスの理由。

そして、日本でも食べられる=ベトナムでもメジャー。という信頼感。

 

せっかくベトナムに行ったからには、いろんな料理を食べてみたいという希望もあって

日本から持ち出したガイドブックに『ベトナム家庭の味』とあり、行った店でオーダー。

出て来たのは、限りなく酢豚に近い料理でした。

 

日本で食べ慣れた中華料理の酢豚は、豚の唐揚げを甘酸っぱく

タレに絡ませたものがメジャーだと思うけど、ベトナムではその味付けは変わらぬけども、

豚の唐揚げ自体に骨が付いていました。

 

この親しみのない違和感に、食欲が萎えた。味自体は悪くなかったのに。

日本の酢豚は大好き。でも、ベトナムの酢豚は骨付き豚だったから好きになれませんでした。

慣れ、不慣れ、は価値観を変えてしまうんだなあ。

 

話はもどり、KHANHのベトナムキッチン銀座999でいただいたランチセット。
日替わりランチプレート “コム・ビン・サン

ベトナムのおかず&スープがついたワンプレートランチ。野菜もたっぷり。

ベトナムは中国にとても近い国(北のほうは特に)。

なので家庭で食べられるご飯は、中国料理よりなのか?

味付けが似ていた。タイやカンボジア寄りではなく、中華寄り。

日本で展開しているベトナム風料理だからだと思うけど、

どれも味に違和感なく美味しかったです。

キリっと爽やかな味わいのサイゴンスペシャルにもぴったり。

特筆したい点、それはジャスミンライスがとても美味かったこと。

40年の人生で『あれ。こんなにジャスミンライスって美味しいっけ?』と、感じたのは初めて。

 

今回、久しぶりに会う昔の同僚2人とランチをしました。

いずれも家庭を持つ身です。

ホリちゃん。元々はマエダチエミという名前なのですが、「ちえみ= 堀ちえみ」で、入社早々に私が「ホリ」とあだ名を授けさせていただき、以来定着し、本人も気に入ってくれているようです。1児の母。

私自身はここ10年ほどビールに関連した業務に携わっています。

それを知っている彼女たち。それに一緒に関わったこともある彼女たち。

ビールを飲むと昔話に花が咲きました。

5年くらいぶりなのかもしれない。山田。久しぶりにあったけど、相変わらず話するのが早かった。元気そうで何より。2児の母。

 

日替わりランチプレート “コム・ビン・サン” 900yen

ベトナムビール “サイゴンスペシャル”  680yen

 

いろんな話に夢中になりました。

彼女たちの食べたランチのレポートを尋ねるどころではありませんでした。

この店は、フォーもたくさん種類があったし、それ以外のメニューも豊富でした。

KHANHのベトナムキッチン 銀座999(銀座・有楽町)

電話:050-3469-5254
住所:〒104-0061  東京都中央区銀座5-1 GINZA5 B1
最寄駅: 地下鉄丸ノ内線 銀座駅 C1番出口 徒歩1分
JR有楽町駅 徒歩5分 地下鉄銀座線 銀座駅 徒歩5分
営業時間
ランチ 11:30~17:00(L.O.16:30)
月~土 ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)
日・祝日 ディナー 17:00~22:00(L.O.21:00) 
定休日:不定休日あり
年末年始(2018年12月31日~2019年1月1日)
12月31日、1月1日は定休日
1月2日、3日の営業時間はGINZA5に準ずる

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13129641/