Please follow and like us:

ホノルルマラソン2018 |Day1

ホノルルマラソン2018に出場のため、ホノルルにやってきた。

1日目を振り返る。
12月6日。

出発前から波乱だった。

東京13時すぎ。
ソフトバンクが通信障害。
使い始め12年経つけど、いままで1度も起こったことがなかった気がする。

なぜ、単身でハワイに行こうとする日にそんな事になるかなぁ。

旅行初日。

仕事との折り合いをつけるため、バタバタしてるのに、さらにハードルが立ちはだかる。

17時過ぎ。
ハワイ行きのLCC AIR ASIA Xに乗るため関空に向かう新幹線の中、
ようやく、通信障害は復旧。ほっとした。

21時前。
関空到着、チェックイン。
荷物が多いため別途費用がかさんだ。
加算だ。嵩んだ😭

LCC ハワイ行き 費用は約2.5万円。
加算された荷物代金は1.25万円。
片道の旅費と同じ。

文句言っても仕方ない。
自分の調査不足。

22時50分。
搭乗。
座席を確保。不憫さは皆無。
ほっとした。

約7時間のフライト。
LCCだから映画とか見られないし、
機内サービスはすべて有料。
コーヒーは2ドルだった。

4時間程睡眠。
あと3時間でホノルル。

村上春樹 ダンスダンスダンスを読む。

この作品はハワイも舞台。
ハワイに行く際には必ず持参する。

マセラティ。五反田くん。
アメとユキ。ピニャコラーダ。

現地時間12時に到着。

予めオーダーしていたバスで宿に向かう。

宿は一泊4,500yenのゲストハウス。
THE BEACH WAIKIKI BOUTIQUE HOSTEL 

http://www.thebeachwaikikihostel.com/


ミネソタ州から来たという若者たち3人との相部屋。

二段ベッド。部屋に金庫的なものはあるけど、どうやって使ったらいいのかわからなかった。鍵付きのトランクでよかった。
狭いシャワールームだけど、湿気やカビの匂いは全く感じない。シャワーの水量が少ないのが残念。

英会話が早すぎて聞き取れない。
が、スルーしたらそれまで。

何度か聞き直しを繰り返した。

ランチはアラモアナセンターにあるヤミーコリヤンバーベキューだ。

http://www.yummy-bbq.com/storeinfo.html

*日本には名古屋にのみ出店している。


嫁の昔からのお気に入りのお店。
19ドル。食べきれなかった。

ランチの後、ハワイアンコンベンションセンターに行き

マラソンのゼッケンをピックアップ。

ゼッケンの裏にはセンサーがつけられている。当日はこのゼッケンを体の正面につけろとのこと。後ろだとセンサーが感知しないという。

夜。ワイキキ沿いにあるバーを二軒はしご。

1軒目は、ゲストハウス近くのCHEESE BURGER IN PARADISE。

この店はワイキキにいくつかあった。


二軒目はコナビール。ハワイのビール。

店の名前は調べなかったからわからないけど、

動物園近くにあるスタバの上にあるお店。


ハナレイIPA。パッションフルーツの香り。
美味いし独特の世界観があるビール。美味い。

22時過ぎ。ビール終了。
眠い。そろそろミネソタ州の若者が寝転ぶゲストハウスに戻って眠ろう。

25時過ぎ。寝ようとしたけど眠れず。

知らない人と寝る。というのが、我ながら神経質なのか、

それとも、東京はまだ20時だからなのか眠ることができず。

3軒目に再び繰り出す。

ワイキキはほとんど人がいなかった。

一つ裏の通りにあったShore Fryeというお店が開いていて

あと1杯くらいならOKだよと。

マウイブリューイングのBig Swell IPA。

ディナーはなし。

一人で心細く、物足りない時はディナーを食べたいという欲求がなくなるのか。

これにてDay 1は終了。