Eat,  NEWS,  Tokyoランチ紀行,  Travel

目黒のネパール。バルピパル|東京ランチで旅する。

ネパールには行ったことがないんだけど、目黒のネパールには頻繁に行くんだ。

アジアの料理が好きだ。パッタイ、プーパッポンカリー、トムヤムクンなどのタイ料理、フォー、生春巻き、蒸し春巻きのベトナム料理も大好きだし、北インドのカレー、南インドのカレーも好きだ。中央アジアの羊料理も好きだし、アジアなのか微妙だけどトルコ料理も好き。

ネパールには行ったことないけど、インドとは少し違ったカレーを出しているイメージある。というのも、目黒にあるバルピパル キッチンというお店に頻繁に行くから

ここはネパールを代表する家庭料理、「ダルバート」を提供してくてるお店だ。

ネパールの代表的な家庭料理・ダルバート

ダルバート(ネパール語:दालभात dālbhāt)は、ネパールの代表的な家庭料理で、ダル(daal=豆スープ)とバート(bhaat=米飯)の合成語であり、それにカレー味の野菜などのおかず(タルカリ)、漬物(アツァール)の2つを加えた4つがセットになった食事をいう。ウキペディア参照。

バルピパル キッチン

このお店は、ネパールのカトマンズ盆地一帯に居住する民族「ネワール族」出身のオーナーが、日本でその味を広めたい!と、現地の味と雰囲気を忠実に再現しているらしい。なので、僕はこのカレーがネパールだと認識しています。

豆の味の素朴なダルスープと、そしてアチャールは行くたびに材料が変わるのか毎回説明してくてる。今日のは「トマト」のアチャールだった。

カレーはノンベジとベジタブルの2種類。

・ノンベジカレー(チキン)

・ベジカレー(大根、じゃがいも、ブロッコリー)

このお店のベジカレーは使用する野菜が個性があって食べるのが楽しみです。大根、じゃがいも、そしてブロッコリーをカレーにするっていうセンスは日本人にはないと思う。味付けはあっさりでスパイシー。コクがあるのはニンニクが入ってるからか。

このダルバードは1,100円でラッシー、チャイ(温・冷)も付いてます。

僕は毎回ホットチャイを頼むようにしてます。チャイってなかなか日常で飲むことできないので。

STAY HOMEの間、バルピパル キッチンも休業していてつい最近の6月1日からリスタートしてるようで、久しぶりに行けたのが嬉しい。

https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13212886/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA