Please follow and like us:

10月27日に、豊洲PITにて開催されるMIRAI TOKYO – Audiovisual Media Art Showのタイムテーブルと、追加のラインナップが発表。

MIRAI TOKYO – Audiovisual Media Art Show

現代最高峰のテクノアーティスト、リッチー・ホウティンの最新オーディオ・ヴィジュアル・ライブ日本初上陸と、ドイツの天才サウンドアーティストのアルヴァ・ノトの唯一無二の音響空間オーディオビジュアルライブを一夜で披露するありそうでなかった稀代のアーティスト2人によるパフォーマンス。

最新鋭の音響と空間、ここに高精度の大型LEDビジョン(10m×5m)やライティングを持ち込み、アーティストの意向をそのまま反映させたステージセットで、オーディオ・ヴィジュアルのダイナミックさを極限まで表現する。

<RICHIE HAWTIN “CLOSE” 解説映像(日本語字幕付き)>

<ALVA NOTO “UNIEQAV” インタビュー映像(日本語字幕付き)>

追加ラインナップ発表:Akiko Kiyama

音楽プロデューサーを志す者にとっての名門「Red Bull Music Academy」の卒業生であり、リカルド・ヴィラロボスやリッチー・ホウティンなどから才能を高く評価されているAkiko Kiyamaが、テクノに限定されない広範なエレクトロニックミュージックを体現するプロジェクトAALKOで出演が発表された。

Aalko aka Akiko Kiyama (Kebko Music)

Akiko Kiyama

Ricardo Villalobos、Richie Hawtin、John Tejadaを始め、シーンを代表するDJたちから評価を獲得してきたAkiko Kiyamaが、テクノに限定されない広範なエレクトロニックミュージックを体現するプロジェクトAalko。2015年に始動したKebko Musicの流れを受け継ぐこのプロジェクトでは、作為性を排除した無垢な音の響きを基軸にすえながら、アンビエント、ブレイクビーツ、変拍子といったさまざまな要素が共存する独自の世界が生み出される。モジュラーシンセなどのハードウェア機材をつうじて、Akiko Kiyamaの最もパーソナルで自由な姿勢が投影されるライブパフォーマンスでは、カテゴライズの向こう側にある不可思議な音楽体験を味わうことができる。2018年、Kebko MusicからAalko名義によるファーストアルバム「No Man Is An Island」をリリース。
https://kebkomusic.bandcamp.com/

日 時:2018年10月27日(土)開場・開演16:00/終演21:00
会 場:豊洲PIT(東京都江東区豊洲6-1-23)
TIME TABLE
16:00-17:30 ISHIJIMA [DJ]
17:30-18:00 AALKO aka AKIKO KIYAMA [LIVE]
18:15-19:15 ALVA NOTO [LIVE]
19:30-21:00 RICHIE HAWTIN [LIVE]
※アーティストの都合により変更する可能性があります。
MIRAI TOKYO – Audiovisual Media Art Show
RICHIE HAWTIN [CLOSE – Spontaneity & Synchronicity – LIVE]
ALVA NOTO [UNIEQAV – LIVE]
AALKO aka AKIKO KIYAMA [LIVE]
ISHIJIMA [Openning DJ]
料 金:前売 8,500円/当日 10.500円
チケットプレイガイド:
主催・制作:未来東京プロジェクト/株式会社ミスターフュージョン
協力:SPORT×ART 新豊洲オータムフェス
オフィシャルサイト: