Culture,  Eat,  NEWS,  Tokyo Coffee Guide 2020,  Travel

武蔵小山のブックカフェ。Tokyo coffee guide 2020 | Entry No.9 HEIMAT CAFE

2020年の東京オリンピックを踏まえて、コーヒーショップガイド企画をたてることにしました。外国の方たちにも読んでもらいたいので英語でも書こうと思っています。このガイドでのポイントは「📶Wifiの有無」、「🔌電源の有無」、あとはどこの駅にあるのか?をベースに、投稿を重ねて試行錯誤を繰り返したいと思います。

Tokyo coffee guide 2020
Entry No.9 HEIMAT CAFE(武蔵小山駅

Tokyo Coffee Guide 2020
Entry No. 9 : HEIMAT CAFE ( Musashi Koyama station )

ひと昔前は、カフェでコーヒーを飲みながら「人間観察」が趣味という人、わりといたと思うのですが最近はスマホやPCを活用する人だらけなので、めっぽう聞かなくなった四文字熟語(熟語ではないか。)だし、言わずもがな読書をする人ももちろん減っています。

そんな中、いわゆる「喫茶店」と呼ばれるところはもうすこし、時代とは逆走して新聞や雑誌、本、漫画、など活字を読む場所として存在しているし、喫茶店が好きだという人はそういうところも含めて好きなのだろうと思っています。

Until about 15 years ago, there was a person whose hobby was “human observation” while drinking coffee at a cafe. However, recently there were plenty of people to use smartphones and PCs, and few people read.
Meanwhile, the place called “KISSATEN” exists as a place to read printed letters such as newspapers, magazines, books, cartoons, etc. I think that people who like KISSATEN like it including such places.

たくさんの古本が並んでいる。全部購入可能。

武蔵小山のHEIMAT CAFE。喫茶店とよばれるジャンルではないですが、店内に文庫本棚を設置していてカフェのお客さんならばそれらは全て読めるし、欲しかったら買うこともできる活字好きにオススメのカフェ。

棚はジャンル分けされているのでチョイスしやすいし、文庫本は「透明のブックカバー」で覆われていて古本さえも大切にしているところが伝わってくる。

ネットでしらべるとこのお店は「学芸大学にある書店「SUNNY BOY BOOKS」のブック・コンシェルジュが選んだというこだわりの本が1000冊以上」揃えられているとのこと。

店名のHeimat(ハイマット)はドイツ語で「心の故郷」を意味するそうで、本を集めるテーマが「HEIMAT=心の郷愁」。なるほど。

HEIMAT CAFE of Musashi Koyama. Set up a large bookshelf inside the shop. Customers can read them all. And you can also buy it if you want it. A cafe recommended for reading.
Since shelves are categorized in genres, it is easy to make choices. The book is covered with a “transparent book cover”. The place where the secondhand book is cherished is transmitted.
There are more than 1000 books on this shop that have been selected by the book / concierge, and it is aligned.The store name Heimat is German and means “the hometown of the heart”. The theme of collecting books is “HEIMAT = nostalgia of the heart”. I see.

このお店は、映画のB0かB1サイズくらいの大きな様々なポスターが掲出されている。この前にいったときには「ヴィムベンダースのParis, Texas」だった。

A variety of posters are posted at this shop, about B 0 or B 1 size movies. When I went before this, it was “Wim Benders’ Paris, Texas.”

ブレンドコーヒーは1杯400円。おかわりは100円でできるので長居することもできる。そして、入口を入ってすぐの大テーブルにはFree-Wifiと電源が完備。パソコンも持ち込んで使えるのでノマドさんにも便利です。

One blended coffee is 400 yen. Instead of 100 yen you can also stay long. And the large table immediately after entrance is equipped with Free-Wifi and power supply. It is convenient for Mr. Nomad as it can also be used with a PC.

📶・・・YES Service
🔌・・・YES Service

HEIMAT CAFE
東京都目黒区目黒本町3-5-6

HEIMAT CAFE
〒152-0002 Tokyo, 3-5-6 Meguro, Megurohoncho, Tokyo
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13201322/dtlrvwlst/B22730232

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA