Travel

360℃撮影カメラ。IQUIを使ってみたよ。

2020年グッドデザイン賞 グッドフォーカス賞:IQUI イクイ

360°カメラ。撮った写真は360度、空間のすべてが写し出されます。リコー発のスタートアップ企業「ベクノス」から、第一弾製品となるカメラ「IQUI(イクイ)」 が発売されました。価格は税別2万9800円。

製品のサイズはおおよそiPhone SEと同じくらいで全長139mm、重さは60gととても軽い。

同封された、USB-C端子のバッテリーで充電を行う。

届いたばかりのIQUIを使って初めて撮影したものがこれ。

360℃カメラを使うのは初めてで、撮影してもモニターないからどんな風に撮影できてるかわからないのはちょっと不安だったけど、このカメラにしか撮れない画像ができるのはクリエイティブだ。そんな風に思った瞬間です。

先日、このカメラを持って 静岡県富士宮市の富士山の大自然に囲まれた朝霧高原にあるあさぎりフードパークで開催された「キャンピングカー&アウトドア」のMeet up eventに行ってきました。

このイベントには会場に「え、こんなのみたことがないよ」と行った、独自のカスタマイズが施されたキャンピングカーが勢ぞろい。

自分でパーツを作ったりしているような人たちばかりの「キャンピングカーギーク」たちが集まるイベントでした。まだまだたくさんかっこいい車があるのですがここではこの程度の紹介に抑えます。

ちなみに、あえて言うとこの写真は「iPhone SE(第二世代)」で撮影。

以下の写真は、IQUIで撮影したもの。

全部、私が中心になっているものばかりで申し訳ないです。IQUIは超小型の360℃撮影カメラと素晴らしい部分と、「撮影しているものがその場ですぐに確認できない」と言う、若干の使いづらい部分が肩を並べてました。

スマホでのIQUIとの接続画面(iPhoneバージョン)

WifiとBlue Tooth接続で、撮影した画像はすぐにスマホに転送できるんですけど、私が撮影したのは電波状況が悪いアウトドアだったために転送するのも後日になってしまった。

と言う理由で、上記のような「撮影している自分が中心」ばかりの写真のみが残ってしまったわけです。

360℃撮影できてるので、写真を右や左、上下に動かしてもらえれば、いろいろ写っているので時間のある方はチェックしてください。

撮影モード(フィルター)について

撮影フィルターは、合計14でした

使ってみた感想。

とても小さくて軽くて、スタイリッシュな見た目。そして、普通のカメラでは撮影できない世界を演出できるのはすごく面白いと思いました。今回撮影した静岡県では天候が曇りだったので、暗い印象の写真しか撮影できてなかったのが悔しい。ところを変えて、美しい紅葉の山中や、パリの市街、あるいはとっても美しいハワイの海とかで撮影してみたらどんな風になるのか?想像できないので非日常で改めて使ってみたいです。

改善して欲しいなぁとお思う点としては、撮影した写真がすぐに確認できることとか、スマホへの転送スピードの強化。ちょっと、じれったいなあと思うくらいのスピードだったので、、なんとか改善お願いしま〜す。と言う感じでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA