Art,  Culture,  未分類

この夏、今話題のポートランドで美術学校と提携したクリエイティブ・キャンプを開催!

poster_CP
「大きく学び、自由に生きる」をテーマに、知的生命力がよみがえるユニークな講義を展開する学びの場「自由大学」主催による、今話題の街「ポートランド」にてクリエイティブ・キャンプ第二回目が開催される。

「ポートランドは街そのものがラボラトリー。DIY精神が溢れた人々が暮らし、毎日どこかでクリエイティブな試行錯誤が行われています。自由大学が考えるクリエイティブとは「アイデアを試しながら課題を乗り越える」こと。それは“自分を生きる”上で誰もが必要な基礎体力。このキャンプをきっかけに日本を離れ、自分を見つめ直し人生の目的や以後の方向を探ってみてはどうだろう?未来の生き方のヒントはポートランドにあるのです。」
自由大学・岡島氏はポートランドという世界の中でも希有な街で感じた人々の多様な生き方を体感してもらいたいと語っている。

▼開催日時
1週目 8月4日(月)-8月8日(金)
2週目 8月11日(月)-8月15日(金)
※1週間のみでもご参加頂けます。
※ポートランドでの現地集合、現地解散になります。

▶【午前】アートスクールの工房で手を動かし、眠った感覚を目覚めさせる
100年の歴史を持つPacific Northwest College of Art(PNCA)と提携しプログラムを展開。PNCAはアートやデザインをする際に必要なクリエイティブな発想をどのように社会に還元し、問題を解決するのかということに力を注いでいます。

▶【午後】それぞれ興味のある4つのラボに分かれ、街へ飛びだせ
出発前から同じ興味を持つ仲間達と研究を始めます。現地でプログラムの最終日は成果発表があり、参加者同士で刺激し合える環境は旅では味わえない経験。一生付き合える仲間に出会えるかも!

1) City Adventure & Discovery Lab ポートランド探検/発見のアドベンチャー
ポートランドをじっくり観察する探検ツアー。クリエイティブな頭と身体にするにはまず自分の五感と六感を使って町を実体験!(定員各週8名)

2) Creative city Lab 創造的な都市の要因を探る
ポートランダーとって重要な価値基準は「サスティナブル」であること。創造性と可能性を引き出す街について探求します。(定員各週8名)

3) Work Lab 一体どうやって働いているのだろう
自分の好きな事や得意な事をきっかけにビジネスをはじめるには?多様な働き方に触れ、働くことの根本を考えてみよう。(定員各週8名)

4) Food Labーポートランドを食べ尽くそう
地元産のオーガニックフードが溢れ、食の理想郷と言われる環境を巡り、地元のシェフから習った料理も作ってみよう。(定員各週8名)

▶最新の学生寮「ArtHouse」に滞在できます
PNCAの学生寮「ArtHouse」に滞在できます。2週間滞在で45,000円 (1週間の場合は25,000円)とかなりリーズナブル!キャンプに2週間滞在される方から優先的にご予約頂けます。(先着20名)

▶昨年訪問した場所
NIKE本社、W+K、ZIBA Design、Museum of Contemporary Craft、Portland Art Museum、Ecotrust Building、Farmers Market at PSU、Kinfolk Magazineなど。


▶昨年の参加者の声
・自分の手を動かして何かを作ることの楽しさを思い出して、本当に良かった。 PNCAの建物、環境、すべてが刺激的でした。
・ポートランドならではのいろいろなところを見て回ることができたこと。 観光では訪れない場所に行けたこと、簡単には会えない人達と会えたことが素晴らしい。
・自分の内面を自由に表現することは、日本での会社生活ではなかなか体験できず忘れていた。 頭と身体が繋がっているということの実感を持つことが出来ました。

▶参考図書:TRUE-PORTLAND
PNCAや昨年のクリエイティブ・キャンプの様子がコラムとして掲載されている。ポートランドのことを事前に予習しておくのにも重宝。
『TRUE PORTLAND』 定価(本体1,524円+ 税) ISBN978-4-9907396-1-4
発行人:黒﨑輝男 発行元:BRIDGE LAB 発売元:メディアサーフコミュニケーションズ(株)

TRUE-PORTLAND

主催/自由大学 
http://freedom-univ.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA