Culture,  Eat,  NEWS

【ベアード・ブルーイング/Baird Beer】1%フォー・ザ・プラネットに参加

0504_OPP_TAG_HORZ_4C
合資会社ベアード・ブルーイング(静岡県伊豆市大平1052-1)は、自社定番ビールの新製品「ベアードビール 修善寺ヘリテッジヘレス」の今年の6月からの年間売上げ高の1%を、日本を拠点とした教育活動や奉仕活動、草の根運動を通して環境サステイナビリティへの貢献を第一目的にしている非営利団体(NPO)1%フォー・ザ・プラネットへの参加を発表。

0506-BB_SHH330ml2olhigh_S
▲修善寺ヘリテッジヘレスの1%フォー・ザ・プラネットのロゴ

なお、この協力関係を記念し、ベアード・ブルーイングの直営店であるベアード・タップルーム中目黒にて8月21日(木)午後7時から9時まで、「修善寺ヘリテッジへレス×1% フォー・ザ・プラネット」キックオフ・パーティーが開催される。


■1% FOR THE PLANET(1%フォー・ザ・プラネット)について

以下パタゴニア社より抜粋
1985年以来、パタゴニア社は自然環境の保護/回復のために売上の1%を利用することを誓約し、総額3,400万ドル相当の寄付を、米国内外のそれぞれの地域で活躍する草の根環境保護団体に行ってきました。パタゴニア社の創設者イヴォン・シュイナード氏と、ブルー・リボン・フライズ社のオーナーであるクレイグ・マシューズ氏は、自然環境保護に貢献するビジネスの奨励を目的とする非営利団体を設立。
1% FOR THE PLANET(1%フォー・ザ・プラネット)は、自然環境保護の必要性を理解する企業の同盟です。この同盟に参加する企業は、「ビジネスでの利益と損失は地球環境の健康状態にも直接関連する」ことを理解し、産業が与える社会的/環境的影響を懸念しています。
社会的にも環境的にも革新的な団体である1% FOR THE PLANETのメンバーとして年間売上の1%を寄付することにより、献身的な草の根環境保護団体の活動を支援し、真の変化をもたらしてください。同時に、メンバーは各自が属する業界において、責任ある企業としての地位を確立するだけでなく、環境に対する真剣な取り組みを高く評価する良心的な消費者からの認識、支持および信頼を得るという、さらなる利点を期待することができます。
1% FOR THE PLANETについての詳細はwww.onepercentfortheplanet.orgをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA