NEWS

WOODY GOOCH 写真展 【Where Shadows Lay】

Please follow and like us:

自由が丘のDIGINNER GALLERYは、Woody Gooch(ウッディ・グーチ)の2年ぶり2回目となる写真展を開催。

ウッディ・グーチが数年で仕事や旅先の合間に撮りためたプライベート作品を発表。

エアリアルに空撮された大地のスケール、光が織り成す幻想的な風景、氷河が映し出す青い輝き・・・。

2年前に行われた展示会では海の持つ様々な表情やスケールを捉えた作品が発表されていたが、今回は大地や山々の神秘的な表情が捉えられた作品が展示されるという。


ウッディ・グーチが深く自然と対峙する純粋な世界観を楽しみたい。


WOODY GOOCH 写真展
– Where Shadows Lay –

日時:2018/2/10(土) – 2/25(日) /月曜休廊
12:00-20:00/最終日17:00
会場:DIGINNER GALLERY WORKSHOP 
〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-11-2
☎︎ 03-6421-1517 MAIL contact@diginner.com

☆Opening Party: 2018/2/10(土) 18:00 – 20:00
協賛:Corona, Sandy Magazine, GEE, Emmon good goods

 

Statement/ステートメント

我々を形成し、変化させる力を持った場所が存在します。そのような場所には、とても強い影響をおよぼす力があるのです。 ワナカの山々は神秘的で美しく、その印象は私の心の中に深く刻み込まれています。ゆらめく光に覆われた、一様ではなく変化に富んだ ワナカの風景が織りなすコントラストから、私は美しい瞬間をとらえる方法を学びました。きっと、皆様も同じような経験があると思います。その瞬間、思わず立ち止まってしまい、立っている地面が揺れ動くのを感じた、そんな経験です。そこはまるで故郷のように永遠に心の中にとどまります。そのような経験が、一つながりの地面として我々全てをつなぎ合わせるのです。

Profile/プロフィール

Woody Gooch(ウッディ・グーチ)

弱冠20歳ながら『Deus Ex Machina』(デウス エクス マキナ)のメインビジュアルに起用されるなど、世界が注目するWoody Gooch オーストラリア、ヌーサ出身。1995年生まれ(現22歳)。
両親の教育方針により学校に通わず、家庭でのフリースクールで教育を受ける。 写真撮影のテクニックも独学で習得。パリで写真家としてのキャリアをスタート。以後、グローバルに活躍をする。

http://woodygooch.com/

Awards & Exhibitions

・Exhibitions
2017 [THE SLOW] Exhibition, The Slow, Bali
2016 [CONTAINED] Exhibition, Humo Gallery, Zurich
2016 [ONE BLUE IS ENOUGH] Exhibition, Green Room Festival, Yokohama
2016 [ONE BLUE IS ENOUGH] Exhibition,Off Season Gallery, Kamakura
2016 [ONE BLUE IS ENOUGH] Exhibition, Diginner Gallery, Tokyo
2016 [SEVEN ATMOSPHERES] Exhibition, Deus Ex Machina,Tokyo
2014 [SEVEN ATMOSPHERES] Green Room Festival, Yokohama
・Awards
2016-Finalist, Nikon Surf Photographer Of the Year
2015-Lifestyle winner, Monster Children
2015-Finalist, Follow the Light Foundation
2014-Finalist, Follow the Light Foundation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial