世界巡回展 フレンチ・デザイン展 「NO TASTE FOR BAD TASTE スタルク、ブルレック….」が、21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー 3にて開催。

Please follow and like us:

VIA(フランス創作家具振興会)は、フレンチ・デザインを紹介する世界巡回展「NO TASTE FOR BAD TASTE スタルク、ブルレック…」展を、3月15日(金)〜31日(日)の期間、21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー 3(東京・六本木)を会場にて開催。

本展は、アンスティチュ ・ フランセの協賛を得て、2017 年から世界各地を巡回。フレンチ・デザインのエレガンスを凝縮し、世界中の人々に楽しんでもらうとともに、フランスのデザインシーンがアートと産業をどのように融合させているのかを発信している。

ミラノ、ヴェネチア、モントリオール、マイアミ、ロサンゼルス、NY、ブエノスアイレスに続き、今回の東京はアジア初の展示となる。

国際的に活躍する40人のクリエイターにより結成されたシンクタンクが、「フレンチ・デザイン」を定義するキーコンセプトを導き出し、これらに基づいてプロダクトを選出。

東京展では、このプログラムのご紹介と共に、5のコンセンプトにフォーカスし、これを象徴するプロダクト作品を展示する。

VIA の会長 ベルナール ・ レイビエ氏は、「本展のねらいは世界中の幅広いオーディエンスに向けて情報を発信し、” フレンチ・デザイン ” の精神を共有することだ」と話します。

フレンチエレガンスの伝道師であるファッションデザイナー、ジャン=シャルル・ド・カステルバジャックが、フレンチ・デザインを反映するテントを用いて、展覧会全体を演出するエレガントで詩的なセノグラフィをデザイン。

来場者は自由にテント内を回遊し、作品を試したりと、世界観を存分に楽しむことができる。

シンクタンクメンバー

国際的に著名な40人のクリエイター:ジャン = シャルル ・ ド ・ カステルバジャックとシャンタル ・ トーマス(ファッションデザイナー)、ジャン = ミシェル ・ ウィルモット(建築家)、ジル ・ リポヴェツキー(哲学者)、ギー ・ サヴォア(シェフ)、MoMA からイサム ・ ノグチ美術館に至る美術館のキュレーターたち、リーンロゼ、エルメス、フェルモブ各社のディレクター、クリスチャン ・ リエーグル(内装デザイン)、マタリ ・ クラッセ、マチュー ・ ルアヌール、ピエール ・ ヨヴァノヴィッチ、ガンジャン ・ グプタ、パトリック ・ ジュアン(デザイナー)等。

フレンチ・デザイン展「NO TASTE FOR BAD TASTE スタルク、ブルレック… 」

www.lefrenchdesign.org

会期:2019 年 3 月 15 日(金)〜 3 月 31 日(日)
開館時間:10:00 – 19:00
休館日:火曜日
入場料:無料
主催:VIA(フランス創作家具振興会)
共催:アンスティチュ・フランセパリ本部、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー 3
住所:〒 107-0052 東京都港区赤坂 9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン ・ ガーデン内
TEL:03-3475-2121
www.2121designsight.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA