フィンランド独立100周年を祝う。新製品の発売|アルテック

Please follow and like us:

フィンランド独立100周年

2017年、フィンランドは民主主義の独立国として100周年を迎える(1917年12月6日に独立を宣言)。

独立から日が浅いフィンランドでは、デザインは決して限られた人のためのラグジュアリーではなく、日常の暮らしの一部として捉えられてきました。機能性と実用性、シンプルな美しさを兼ね備え、全ての人の生活をより良くし、美しく彩るもの ― それがフィンランドデザインです。

デザインが、国のアイデンティティの形成に大きな役割を果たし、国際的に広く認知され成功を収めたことにより、国内のデザイン文化の更なる発展にもつながりました。

フィンランドを代表するインテリアブランド〈アルテック〉は、フィンランドのインテリア、ライフスタイル、文化の発展において大きな役割を担い、今もなお影響を与え続けています。

フィンランド独立100周年を祝うアイテムの発売

アルテックはアニバーサリーイヤーである今年、新しくアルテックのコレクションに加わる製品と、2017年の特別なアイテムを発表しました。初夏の訪れとともに、フィンランド独立100周年を祝うアイテムの日本発売が始まります。

アルテックの伝統と想いを受け継ぎ現代に伝える – 2017年新作

▶︎リーヒティエ プラント ポット

リーヒティエ プラント ポット

アルヴァ・アアルトとアイノ・アアルトは、ヘルシンキ郊外の海辺の町、ムンッキニエミにあるリーヒティエ通りに小さな土地を購入しました。アアルト自邸の南向きのテラスには、アイノ・アアルトがデザインした大きな白い植木鉢が2 つ、今も静かに佇んでいます。この植木鉢は、1937年のパリ万国博覧会で展示され注目を集めたものの、当時は製品化にまで至りませんでした。80年の時を経て、当時のデザインはそのままに「リーヒティエ プラント ポット」として素材を変えて製品化されました。アアルト夫妻の想いは、優しく有機的なカーブをハンドメイドにより表現した、リーヒティエプラントポットのなかに脈々と息づいています。

▶︎リヴィ

フィンランド語で「リヴィ」は「行」や「列」を意味し、限りなく続く平行線をハンドドローイングで表現した、ロナン&エルワン・ブルレックによるテキスタイルです。規則性の中にラインの揺らぎを感じられるドローイングには、手描きだからこそ表現できる面白さや個性が感じられます。リヴィは、アルテックの長い伝統と、自然が作り出す不完全さに美や個性を見出すというデザイナーの想いを受け継ぐ作品です。コットン、キャンバスコットン、コーテッドコットンの3種類の素材、クッション、バッグ、大小のトレーやポーチなど幅広いアイテムで展開し、自然に暮らしに取り入れ、楽しむことができます。

▶︎L -レッグ製品 フィンランド100モデル

アルヴァ・アアルトが開発し、1933年に特許を取得したL-レッグは、スタンダード部品として様々な製品に応用され、アルテックの家具デザインの基礎を築きました。2017年、アルテックはL -レッグを用いた製品の、脚部にはストーンホワイトのカラー、座面や天板には4色展開のリノリウムを施した「フィンランド100モデル」を作りました。時代を超えて経年変化を楽しむことができるブルー、ライトグレー、ぺブル、オリーブ4色の淡いリノリウムのカラーは、美しく空間を彩るだけでなく、アアルトのデザインに新たな魅力を与え、従来の機能的な美しさをより際立たせています。

フィンランド100キャンペーン

商品の日本発売とともに「フィンランド100キャンペーン」がスタートします。2017年年末まで、キャンペーン参加店舗にて、リヴィの製品またはリーヒティエプラントポットをご購入いただくと、お好きなリヴィのバッジをプレゼント。フィンランド100モデルのスツール1脚以上とテーブル1台以上をセットでご購入いただくと、お好きなリーヒティエプラントポットをプレゼント。フィンランド独立100周年を祝う新作のさまざまなアイテムを組み合わせて楽しんでいただけます。※リヴィバッジは無くなり次第終了

リヴィのバッジ
リーヒティエプラントポット

キャンペーン参加店舗店舗

arco STORE NAGOYA
http://www.arcostore.jp/
愛知県名古屋市中区栄3-6-1 ラシック6
052-259-6576

arco STORE OSAKA
http://www.arcostore.jp/
大阪市北区梅田3-1-3 ルクアイーレ1F
06-6136-8815

arco STORE 枚方T-SITE 店
http://www.arcostore.jp/
大阪府枚方市岡東町12-2 枚方 T-SITE
072-800-1850

クラブエイトスタジオ盛岡
http://www.club8studio.jp/
岩手県盛岡市東安庭2-7-9
019-604-1288

H.L.D.
http://hld1955.com/
福岡市中央区渡辺通4-6-20 星野ビル1F
092-718-0808

トレド
http://c-toledo.jp/
新潟県新潟市中央区万代3-5-36
025-255-5503

SEMPRE 本店
http://www.sempre.jp/
東京都目黒区大橋2-16-26
03-6407-9081

フィンランド・デザイン展ミュージアムショップ
http://finnish-design2017.exhn.jp/
福井会場:福井市美術館 7/22 – 9/3
東京会場:府中美術館 9/9 – 10/22
宮城会場:宮城県美術館 10/28 – 12/24

オンラインストア:
arco store online+R
http://www.rakuten.co.jp/arcostore/

フィンランド100モデル – 2017年限定商品

 

ドムス チェア フィンランド100モデル

〈ドムス チェア フィンランド100モデル〉149,000円。

深い青色のトナカイ革を座面に張った「ドムス チェア フィンランド100モデル」を数量限定で発売します。フレームとバックレストはハニーステイン仕上げのフィンランド産バーチ材を用い、座面にはフィンランド中西部でとれる高品質のト
ナカイ革が手作業により張られています。とても薄く、柔らかいトナカイ革は、アニリン染料で深い青色に染められ、加
工は軽いワックス仕上のみの最小限に留めています。そのため、傷跡や皮膚の質感など、自然の生命の美しさがそのまま残り、時間の経過とともにさらに柔らかく、味わいを増していきます。また、使われているネジは、ドムスチェアがデザインされた当時のシンプルな形を真鍮で再現しています。

A110ペンダント ミッドナイトブルー

〈A110ペンダント 手榴弾 ミッドナイトブルー 〉57,000円。

その形から「手榴弾」とも称される「A110 ペンダント」は、1952年にアアルトがフィンランド技術協会のプロ
ジェクトのためにデザインし、アアルトの代表的な建築の一つであるセイナッツァロ役場の会議室でも使用されていました。2017年、通常の白と黒の色展開に加え、「ミッドナイトブルー」が数量限定で復刻します。60年以上の月日を経てもなお、その洗練されたフォルムと優しい光は色褪せることがありません。

アルテックについて
アルテックは1935年、アルヴァ・アアルト、アイノ・アアルト、マイレ・グリクセン、ニルス=グスタフ・ハールの4 人の若者により「家具を販売するだけではなく、展示会や啓蒙活動によってモダニズム文化を促進すること」を目的に、ヘルシンキで設立されました。今日、アルテックのコレクションは、フィンランドの巨匠達によるデザインや、グローバルに活躍する建築家やデザイナーによる、家具、照明器具、アクセサリーから構成されています。創業より80年以上経った今、創業者達の精神を受け継ぎ、アルテックはデザイン、アート、建築の交点に立ち、未来への道を切り開き続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA