Culture,  Fashion,  NEWS

海に投棄されたプラスチックごみをデニムに再生したコレクション|RAW for the Oceans

Raw For the oceans 15-2 main, Pharrell Williams
Raw For the oceans 15-2 main, Pharrell Williams

G-Star RAW(ジースター ロゥ)、Bionic Yarn(バイオニックヤーン)、Parley for the Oceans(パーリー・フォー・ザ・オーシャンズ)による「RAW for the Oceans」(ロゥ・フォー・ザ・オーシャンズ)コレクションは、今秋で3シーズン目を迎える。

これまでに沿岸から200万個以上の使い捨てプラスチック容器を回収し、高品質のデニムパンツ、デニムジャケット、Tシャツやスウェットに再生している。

この3シーズンの間、世界中の海岸から回収されたプラスチックごみがバイオニックヤーンに再生されてきた。そして毎シーズン、約70万本ものペットボトルが新しく生まれ変わっている。

本コラボレーションの開始以降、パートナーであるParley(パーリー)によってインドネシア、中国海南省、さらにオーストラリアの海岸から53トンに及ぶプラスチックごみを撤去。

RAW for the Oceans Autumn/Winter 2015 コレクションのデザインの出発点となったのは、このプロジェクトのキュレーターであるファレル・ウィリアムスが描いた、顔を覆うフードの付いたジャケットのスケッチ。このジャケットにG-Star RAWが得意とするミリタリーデザインを組み合わせて、未来的なOccotis HDD Bomber(オッコティス フーテッド ボンバー)が誕生。

海からのインスピレーションは、今回から新しく加わるブラックのロゥ デニムを使用したクラシックなメンズのピーコートや、プロジェクトのマスコットキャラクターである OTTO(オットー)をあしらったブルトンストライプ柄など、コレクション全体に見てとれる。

ジーンズやジャケットには、今シーズン、ディストレスト加工やパッチ加工を加え、さらにウィメンズの Occo Skinny(オッコスキニー)のジーンズやショーツには特別なチョークホワイトのペイントがほどこされている。

RAW for the Oceans は、G-Star RAW、バイオニックヤーン、そしてパーリー・フォー・ザ・オーシャンズのパートナーシップから生まれたコレクション。

Parley(パーリー)は、海岸のプラスチックごみを回収し、それらが環境に与える悪影響を喚起し、新しい素材や製品コンセプト、製造方法(ロゥ・フォー・ザ・オーシャンズもその一部)を開発。

そしてバイオニックヤーンは、Ocean Plastic(オーシャン・プラスチック)プログラムにおける原動力であり、海洋プラスチックごみを高品質な素材に変える技術イノベーションをもたらした。

そしてG-Star RAWがこれらを衣服として仕立てている。

海洋に投棄されたプラスチックごみの問題は、i-D MAGAZINEのドキュメンタリーでも取り上げられている。

Jake Sumner(ジェイク・サムナー)の監修によるこのドキュメンタリーは、『The Plastic Age (プラスチック・エイジ)』というタイトルで、サーファーや科学者、また解決策を探し求める人たちの経験談を通して、海洋汚染に関して問題提起を行っている。

RAW for the Oceans コレクションも紹介されている『The Plastic Age』はこちらよりご覧になれます。

2015 Autumn/WinterシーズンのRAW for the Oceansコレクションは、8月15日よりオンラインおよびG-Star RAWにて販売。

RAW for the Oceans for Mens

RAW for the Oceans for Womens

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA