カザマナオミ 個展 『無図色』muzuiro-formless color

Please follow and like us:

image4
muzuiro3
カザマナオミ 個展
『無図色』muzuiro-formless color

■ステートメント

色には形が無い。
色とは固有ではなく、質量でもなく
そこに在る光に映し出される素質である。
それはまるで人間のように有機的でとても面白い。

カザマナオミはその場でプリントを施すBig O projectという活動を経て、形を持たない色の美しさに気付き、
デザインが施されていない’ブランクの版’の上に自由に色を重ね、それを通じて、人々に芸術表現という日常の美を伝えてきました。
自ずと増える習作はやがていくつものアートピースとなり、共有を通じて解放されてきました。
今回、それが個人的な事となり、自分とは一体何者で、何処にいるのであるかという問いに訪れる機会となりました。

‘トランクミュージアム’
一般社団法人JEAN(ジーン)は日本の海洋保護を行っている団体です。25年もの間ビーチクリーンアップを行い、海で拾われたゴミのインスタレーションをトランクの内側に施し、展示を通じてゴミの問題を訴えかけています。今回、そのトランクの外側に作品を制作させていただき、海でのアクティビティーを愛するブランド、VOLCOMとpatagoniaがサポートし、JEANが始動したクリーンジャイアプロジェクトの一環で、我々の行動の渦が大きくなれば、海に渦巻くゴミのジャイアが小さくなるというプロジェクトです。 これらトランクも場内に展示しておりますので合わせてお楽しみ下さい。

■プロフィール

カザマナオミ – アーティスト / 鎌倉生まれ。

カザマナオミの創り出すアートは、その色構成と有機的なグラフィックシェイプの合成により抽象的表現をされている。

そこに映し出される事象物は、カザマ自身が圧倒されるほどに混沌と不思議を受ける自然と生物の営みである。

我々を含めた全てが、環境や意志、そしてDNAによってココに在り有機合成され、互いに作用している。

その意図せずに成り立つ全ての存在がおもしろく、砂浜に残る足跡のように美しい。

そんな受動的である様子、その存在を、正しい答えを知ることより、シンプルに尋ねることに重きを置きながら、

インクという自由に振り舞う液体を無地のスクリーンに載せ、プリントする(ヨセマイト プリント – YosemiteとDynamiteの掛け合わせ造語)

シンプルでダイナミックでアブストラクトでダイレクトな表現を製作している。

CV
93年に渡米。 
ストリートアートの先駆者OBEY、シェパード・フェアリーに出会いからシルクスクリーンプリントを学ぶ。
アートとは実験であることを知る。

98年に帰国後、ストリートにてスクリーンプリントポスターを貼り、作品を発表する。

2001年、東京、中目黒にギャラリースペース “大図実験” (DYEZU-EXPERIMENT!)を展開し、ストリートの延長上を表現する。
(当時の様子を収めたVon Azain! / 2005 や、そこに集った作家達の今の作品とインタヴューを収めたDYZ / 2012 Bueno Booksの本がある。)

以降、NYと東京ベースに活動するアーティストペインティングコラボレイティブのバーンストーマーズへの参加をはじめ、作家としてNY, Paris, London,Stockholm,
Munichなど国内外のグループ展への参加や個展を中心に活動する。

2001 “Numero Magnifico” (Screenposters of numbers exhibition) at Foodelic, Niigata, Japan

2002 “Scratch tour” ( Live poster pasting w/ Shepard Fairly) at Garden Hall, Ebisu, Tokyo, Japan

2003 “Escale a Parisi” (Group show) at Halle Saint Pierre Museum, Paris, France
     The Barnstormars “Hive Mind Sound System” (Pile of painted speaker show) at Lump Gallery/Projects, Raleigh,NC U.S.A
    ”Earthism” (Live paint) at Sakae Park, Nagoya, JAPAN

2004 “Better Tomorrow” (Group show) at Supreme Trading Annex, Brooklyn, NY U.S.A
   “Barnstormers 360” (Live paint on Barn for timelaps) at Southeastern Center for Contemporary Art, Winston Salem, NC U.S.A
   “Modart” (Group show) at Munich, Germany
   “TOKYO style” (Live paint in tunnel) at Stockholm, Sweden

2008 “Villy” (solo show) at OAKLEY store – Harajyuku, Tokyo, JAPAN

2009 “MANCHIKYU” (solo show) at TOKYOCULTuART by BAEMS, Harajyuku, Tokyo, JAPAN

2010 “The Barnstormers” (Group show) at Joshua Liner Gallery, New York, U.S.A

2011 “FLAT WHITE” (solo show) at COMMON Gallery, Harajyuku, Tokyo, JAPAN
   “Shinryoku – 新緑” (solo print exhibition) at Diginner Gallery, Jiyugaoka, Tokyo, JAPAN

2012 “SCAPE” (solo show) at 223cafe, Shizuoka, JAPAN
   “VIWA – 美話” (solo exhibition) at Diginner Gallery, Jiyugaoka, Tokyo, JAPAN
   “Experimental Art Surf Shop” (Group Exhibition) at Volcom showroom, Sendagaya, Tokyo, JAPAN
  ”Burton Backcountry House” popup store (Group Exhibition) at Batsu gallery, Harajyuku, Tokyo, JAPAN

2014 Enoshima 7 ways change at Fujisawa 30days Museum, Kanagawa, JAPAN

more information: http://www.experimentalwaltz.net/profile.html

■その他
駐車場のスペースはございません。近隣のコインパーキング等をご利用下さい。

会場内は禁煙です。エントランス付近での飲食はお控え下さい。

*期間中作品は全て販売致します。

日時:2014年12月6日(土)-12月22日(日)/毎週月曜休廊
12:00 -20:00/最終日17:00
場所:DIGINNER GALLERY WORKSHOP
〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-11-2
☎:03-6421-1517
E-Mail: contact@diginner.com

-OPENING PARTY-
日時:12月6日(土)18:00-21:00

……………………………………………………………….

DIGINNER GALLERY WORKSHOP
〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-11-2
Tel. 03-6421-1517
Mail. contact@diginner.com
HP. http://www.diginner.com
On-line shop.http://www.reangle.jp
FB. https://www.facebook.com/Diginner

…………………………………………………………………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA