Art,  BGM,  Culture,  NEWS,  Travel

“エレクトロニック・ミュージック”と“宇宙”の融合『Dancing in the UNIVERSE』の上映が決定

コニカミノルタプラネタリウム“満天“は冬の新作品『Dancing in the  UNIVERSE』を、2017年11月3日(金)より上映開始。

本作のテーマは「果てしなく広がる宇宙のスケール」。

音楽にUnderworldの楽曲、ナレーションに杉田智和を起用し、新たな空間演出に挑戦したプラネタリウム作品が誕生。

 

★私たちは今、この宇宙で生きている★

夜空に輝く無数の星々。その先の「宇宙」には一体どんな光景が広がっているのだろうか―。

私たちが住む銀河系の外には数えきれない程の銀河が存在する。時に銀河は互いに衝突を繰り返し、また新たな銀河を形成する。宇宙は私たちの想像を超えたサイクルを繰り返しながら、膨張を続けている。

本作品はエレクトロニック・ミュージック、360度ドーム映像、そして空間演出を高次元で融合し“感覚的”に宇宙のスケールとリズムを体感できる、今までにないエンターテインメント作品となる。地球という、小さな惑星(ほし)に生きる私たちは、この広大な宇宙のスケールを前にして何を想うのだろうか。

音楽には世界を牽引し続けるトップアーティスト“Underworld”の楽曲を起用。『Born Slippy (Nuxx)』など彼らの代表曲がプラネタリウムと融合する。ナレーションは人気アニメ『銀魂』(CV:坂田銀時)などで知られる声優・杉田智和が担当する。

『Dancing in the UNIVERSE』作品概要

・起用楽曲:「Born Slippy (Nuxx)」「If Rah」他 / Underworld

・ナレーション:杉田智和

・上映期間:2017年11月3日(金)~2018年夏(予定)

・上映時間:12時・17時・20時の回(約40分)

※11月3日(金)~2018年1月15日(月)の上映時間です。

※上映時間の変更、休館情報、追加上映回などの最新情報は、ウェブサイトよりご確認ください。

https://planetarium.konicaminolta.jp/manten/schedule/

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA