Please follow and like us:
2018年8月24日。オープン初日に訪問しました。

今年の夏は本当に暑かったので、例年よりもアイスコーヒーを飲む機会が多かった。冷たいものよりも温かいものを摂取するほうが身体には良いと思っているからいつもはホットコーヒーをチョイスします。でも、今年の夏は連日連夜の35℃を超える気温だったために、余裕は全くなく8月を終えたような気がします。

猛暑という言葉を凌駕するような2018年のこの夏、大阪・北堀江で大人気のソフトクリームショップが突如オープンしました。

GUFO TOKYO

大阪・堀江で人気のソフトクリームショップ「グルービーアイスクリーム グーフォ(Groovy Ice Cream GUFO)」の東京初進出で、代官山に8月24日オープン。

ソフトクリームは市販の場合、長期保存が可能な状態のものをソフトクリーム機で絞り出すことがほとんどらしいいのですが、GUFO TOKYOは店で手作りしたハンドメイド。

48時間を過ぎると破棄するという超新鮮なソフトクリームを提供してくれるお店です。

第一号であるGroovy Ice Cream GUFOは見た目の可愛らしさやその味わいが女性を中心に大人気で、インスタグラムでは #gufogroovyicecream の投稿が10,000件以上を超えています。

現在、待望の東京進出の情報を嗅ぎ付けたアイスクリーム好きスイーツ好きの人たちがGUFO TOKYOに訪れているようです。

ラズベリーソーダにソフトクリームのトッピング。ラズベリーソースがけ。ヤミーです。ストローも環境に優しく紙製。スバラシー。

GUFO TOKYOはメインメニューがソフトクリームですが、「カフェラテ」を始め、ソフトクリームにエスプレッソを注ぐ「アフォガード(アフォガードはイタリア語で溺れるの意味)」などコーヒーメニューもあります。

カフェラテ。チョコレート風味なエスプレッソで作られていて、美味しかった。

GUFOはイタリア語で「梟」。第一号店のアイコンも梟で、東京店の店主が手書きで描いた梟です。ちなみに、第一号店と第二号店の店主はブラザーズ。第二号店・店主はアパレルブランドでデザインを行なっていた経歴があり、可愛いイラストは得意な分野。

看板娘ではありませんが、頻繁にお店にソフトクリームを食べに行っている方です。
このソフトクリームにはホワイトチョコソースがかかっています。この夏、何回もGUFO TOKYOに訪れました。
店の前で、ソフトクリームを食べているとそれを見た通行する人たちがついつい釣られて入ってくる。この夏は、そんなあっつ〜い夏でした。

このお店でソフトクリームを食べながらお客さんたちと話していると、<ソフトクリーム大好き人間>が多いことに気づかされます。

嬉しそうにソフトクリームを食べる人たち。甘いものは人を幸せにするのですね。

渋谷ストリームや、渋谷ブリッジがこの秋にオープンして、大きく変化を見せていくであろうこの付近で、GUFO TOKYOは、ソフトクリーム好き人間の聖地になる。

そんな事になったら嬉しいと思います。

📶・・・NO Service
🔌・・・NO Service

GUFO TOKYO
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町13-8 キャッスルマンション代官山105
営業時間:12:00~19:00
定休日:水
Tel.:03-6455-3559

GUFO TOKYO
ZIP:150-0034 Tokyo, Shibuya, Daikanyamacho, 13-8

 

View this post on Instagram

 

GUFO TOKYOさん(@gufo_tokyo)がシェアした投稿