バンコク旅2019。宿泊先初日は「THE POSH」ラグジュアリーホステルで。

Please follow and like us:

2019年9月24日。2040 成田発のエアアジアに乗り込む。

今回の旅路は、日本→バンコク→韓国→日本なので、往路だけのチケットをAIR ASIAで確保。チケットを購入するのはいつもエクスペディアです。

https://www.expedia.co.jp/

往路のチケットは、¥9,800。バンコク→韓国のチケット代が¥12,271、韓国から日本への帰路のチケット代は¥14,670。これに、保険代や現地のSIMカード代を入れるとおおよその旅行代金。

SIMカードはTRUEという会社が早くて便利だとのことでチョイス。8日間〜299B(1バーツは3.5円くらい)。iPhoneのSIMロックを解除して海外に行くのは初めてでいつもはポケットWIFI的なものを持って行っていただけど、現地SIMカードは便利だし、荷物も少ないし、安いしで超快適。超オススメです。

バンコク旅2019。宿泊先初日は「THE POSH」ラグジュアリーホステル。

飛行機に乗り込む直前まで、当日の宿を決めていなかったのだけど、パヤータイというエリアにあるTHE POSHというホステルをチョイスしました。

BANGKOK ドンムアン国際空港への到着がAM1:00頃だったので、できればその日の宿は超安く抑えたいと思っていたのでオシャレそうなホステルをリサーブ。

ロビーのセブンイレブンでチャーンビールをプシュ。

ホステルのあるパヤータイにタクシーで向かう。ドンムアン空港からホステルがあるパヤータイはとても近くて深夜でも250バーツ。車の中で、タイ人のおじさんが何か英語で言っているらしいが、タイ語混じりのフニャフニャな英語なので聞き取れなかった。

AM2:30にTHE POSHに到着。とても安い宿泊費なのに24時間チェックイン体制ができているのが国際社会らしさだと思った。

エントランスはこんな感じです。実際の見た目はもう少しアジアなカオスがあります。

部屋はカプセルホテルだったけど、とても綺麗だったしシャワールームや洗面場所、トイレもとても綺麗。

とても綺麗だった。宿泊客同士もとても静かでマナーが良かったと思う。

当日は立ち入らなかったけど、AM1:00頃まではルーフトップがバーにもなっているようです。宿泊者全員が朝食もココで食べられる。

施設最上階がバー&朝食が食べられるTHE DEC。外にも出られます。

 

ルーフトップからの景色は、目前にBTS(バンコクの街を走り抜けるスカイトレイン)のパヤータイ駅があります。

合計2400円。今回のように、一瞬の滞在に便利だし宿泊費にはお金をかけたくないって人にもとてもオススメです。

コープンカップ。

The Posh Phayathai

ザ ポッシュ パヤタイ – エクスペディア参照

スパ用浴槽のほか、このホステルにはルーフトップテラスおよびランドリー設備があります。朝食ビュッフェ (無料)および共用エリアでの WiFi (無料)もご利用いただけます。その他に、敷地内には24 時間対応フロントデスクおよびセーフティボックス (フロントデスク)があります。 全 15 室の部屋にはWiFi (無料)、電子レンジ、および ケーブルテレビが備わっています。ミニバー、エスプレッソマシン、およびボトルウォーター (無料)をご利用いただけます。

https://www.expedia.co.jp/Bangkok-Hotels-The-Posh-Phayathai.h17091220.Hotel-Information

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA