四谷。地下のジャズ喫茶。Tokyo coffee guide 2020 | Entry No.23 いーぐる(eagle)

Please follow and like us:

Entry N0.22からおよそ1ヶ月ぶり更新のTokyo coffee guide 2020は四谷のいーぐる。

今朝、目覚めたとき

地下のジャズ喫茶

変われない僕たちがいた

悪い夢のように時が撫ぜていく

と、森田童子の僕たちの失敗を思い出した。

ジャズが聴きたくなっているのだ。

寒い季節になってきているんだ。

いーぐるは地下にあるジャズ喫茶。ジャズジャイアンツのアルバム、ポスターなどが貼ってある階段から店内に入るとおおよそのお客さんはスピーカーに向かって座り、全員無口でジャズに耳を傾けている。とても大きなJBLのスピーカーから大きなジャズが流れているが、音圧で苦しくなるようなセッティングでは無く、至極居心地が良い。

ちなみに、この日はチャーリーパーカーは流れなかった。

一杯650yenのホットコーヒーを注文。先日訪ねた際に、ふと店内を見上げると、「Wi-Fi 使えます」のチラシが貼ってあったのがとても意外で、僕がよく行ってたのは2009年~2010年の時期で、その頃はまだWifiというものが世の中に浸透していなかったのだが、些細な変化だけどいーぐるもwifi使えるのか、と、世間の変わりようを感じた。

「Wi-Fi 使えます」

四ツ谷駅にシンハービールの輸入代理店の事務所があったとき、いーぐるは結構行っていた。先日行ったらもうなくなっていたけど、昔はここにシンハービールが売っていた。シンハービール本国の社長がジャズが好きだという理由で輸入代理店が営業していたのだと思う。

最近はあまり行く機会がなくなった四ツ谷だが、今ならWi-Fiが使えるしジャズが聴きたくなるこの季節に再び訪れたい。

📶・・・YES Service
🔌・・・No Service

いーぐる
東京都新宿四谷1-8

eagle
1-8 Shinjyuku-ku Yotsuya Tokyo
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130902/13012176/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA