MONKEY 47 COCKTAIL NIGHT by ARIJIT BOSE @TRUNK(HOTEL)

Please follow and like us:

アルコールの業界では、カクテルがとても調子が良いのか食系の雑誌だけでなく、一般雑誌でもカクテルやリキュール、スピリッツの情報が掲載されています。

個人的な感覚だと「流行し始めている」という感じ。

業界関係者が参加するようなパーティーシーンではお酒の中でも、テキーラやジンのプレゼンテーションが行われている機会が多いので、いわゆる一般層に到達するにはもう少し時間がかかるか、あるいはそこまでに届かずこの熱量は冷めてしまうのかもしれません。正味の話、1杯1,000円以上するカクテルがこの時勢で広がるのは難しいと思っていますが、紳士淑女の嗜みとして、BARやHOTELのLOUNGEでカクテルをオーダーする。昔から変わらずそれはとてもとても格好いいスタイル。

MONKEY 47 COCKTAIL NIGHT by ARIJIT BOSE
at TRUNK(HOTEL)

“香水にもしてほしい香り”と評される、ドイツ産まれのプレミアム・クラフトジン「MONKEY 47」がグローバルブランドアンバサダー ARIJITBOSE(アリジット・ボーズ)氏をゲストバーテンダーとして招き、10月24日(火)、渋谷のソーシャライジングホテル「TRUNK(HOTEL)」の1Fラウンジにて、一夜限りのスペシャルカクテルパーテ「MONKEY 47 COCKTAIL NIGHTby ARIJITO BOSE」を開催するとのこと。

アリジット・ボーズ氏は『Drink World Asia誌』のトップ25バーテンダーにも選出される、世界で活躍するバーテンダーでこの一夜では「MONKEY 47」を使ったスペシャルカクテルが全4種類で飲むことができるようです。

「MONKEY 47」は、ドイツのブラックフォレスト(シュヴァルツヴァルト)で2008年に誕生し、“香水にもしてほしい香り”と評されるほど華やかな香りが特徴のプレミアムなクラフトジンブランド。最高品質で新鮮な47種類の珍しいボタニカル(香味植物)を全て手摘みして蒸留。ブラックフォレストの天然湧き水や熟練した最高の蒸留技術、古い陶器での熟成により丁寧に仕上げてられています。

一夜限りのスペシャルカクテルパーティ、“MONKEY 47 COCKTAIL NIGHT by ARIJIT BOSE”

アルコールシーンの最先端を感じられる良い機会となりそうですね。

MONKEY 47 COCKTAIL NIGHT by ARIJIT BOSE
at TRUNK(HOTEL)


開催日程:2017年10月24日(火) 20:00 – 23:00
会  場:TRUNK (HOTEL) https://trunk-hotel.com/lounge/
住  所:渋谷区神宮前5-31 1F LOUNGE Tel.03-5766-3210
入  場  料: 無料
*MONKEY 47を使ったカクテル(4種)は、1杯1,500円(税込)にて提供。

商品概要
▶︎ MONKEY 47 DRY GIN
ジュニパーをはじめ、クランベリー、エディブルフラワー、ラベンダー、フレッシュな柑橘類など、47種類のボタニ
カルが醸し出す芳醇な香りと味わいのドライ・ジン。
◇ アルコール度数: 47度(種別:スピリッツ)
◇ 生  産  国: ドイツ
◇ 容    量: 500ml
◇ 価    格: 6,300円(税込 6,804円)
[テイスティングノート]
ジュニパーのクリアで澄んだ独特の香り、爽やかできりっとしたシトラスの香り、甘く、フローラルなアロマ、かすかに香るピリッとした胡椒のようなスパイス、わずかに感じるクランベリーのビターな香り、そして深くバランスの取れた複雑さ。たくさんの香りが調和し、非常に個性豊かな極上の味わいを生み出している。中でも、クランベリーが効いた独特かつフレッシュな香りは「MONKEY 47」ならではの特徴。
[飲み方]
ジントニック、ネグローニ、マティーニ、ギムレットなど。

▶︎ MONKEY 47 DRY GIN
クランベリーをキーフレーバーに、華やかな香りが楽しめる、年に4回だけ生産されるスロー・ジン。
◇ アルコール度数: 29度(種別:リキュール)
◇ 生  産  国: ドイツ
◇ 容    量: 500ml
◇ 価    格: 6,300円(税込 6,804円)
[テイスティングノート]
原料には、ブラックフォレストで収穫したスロー・ベリー、砂糖、そしてまろやかな湧き水を使用し、とても豊かで複雑な香り、圧倒的なフルーツノートとジュニパーが見事に調和した味わい。豊かな甘く赤い果実と土臭さ、ピリッとするジュニパーのミックス。非常に洗練されたバランスの中にアーモンドが少し感じられる味わい。ナッティさと酸味のあるフィニッシュ。
[飲み方]
クランベリーをキーフレーバーとしており、控えめな甘さでカクテルに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA