更新版|まだ間に合う。フジロックまであと1週間!オススメグッズ紹介してください。

Please follow and like us:
https://www.theguardian.com/music/woodstock
https://www.theguardian.com/music/woodstock

1996年より始まったフジロックは今年で20周年というアニバーサリーイヤー。いよいよ開催まであとわずか。すでにソワソワしちゃってて仕事が手につかない。ついついネットでアウトドアグッズを検索しちゃう!なんて人たちが私の周りにはたくさんいる。

今回のEmmon good goodsの企画は、フジロックフェスティバルをはじめ、様々なフェスやLIVE、アウトドアなどに精通している方々に自分の“今年のフジに履いていく物”、“オススメ”や“気になる”などのアイテムを紹介していただいている。

例年の如くこの時期になると、どんな格好で楽しもうかなぁ、、、というフェスファッションに困惑をしてしまうというアナタはとりあえずチェック!

No.0 : [ Sanae Okada ]
スタイリスト

http://www.rooster.vc/artist/stylist/sanae-okada/

個人的にはTEVAのサンダル。寒くなったらソックスはけるし、ソールもしっかりしてるのでフジの山道も歩きやすく、雨降っても気にせず、沢にもジャブジャブ入れちゃうので、便利ですわ〜。

▪︎Teva HURRICANE XLT ¥7,300(税抜き)
http://jp.teva.com/women-sandals/hurricane-xlt/4176.cgi
4176-BLK_3
そんでおすすめアイテムが持ち運びも軽く、デザインもかわいいヘリノックス。みんな持ってそうだけどw。
01171654_569b489ebbb82
これは”in and out”を提案するドメスティックアウトドアブランド「Monrõ」とHelinoxのコラボレーション。
▪︎Helinox CHAIR ELITE MONRO KIRIM ¥18,144(税抜き)
https://monromian.com/store/products/detail.php?product_id=1679

あとは水筒かな。
13588841_10206781065511593_2094913725_o
▪︎Klean Kanteen カンティーンボトル ワイド インスレート ¥3,780(税込)
http://www.aandfstore.com/store/commodity/0/19320012/

No.1 : [ Masashi Arita ]
H.L.N.A バイヤー EC事業部 マネージャー

http://hlna.jp/

レザー素材が足にフィットし履き心地抜群のREEFより、ソールに何ともインパクト大な仕掛けが付いたサンダルが登場。その仕掛けとは、大人には欠かせない息抜きをする時のアイテム“栓抜き”。いざという時に活躍し、人気者になるはず。{紹介文より抜粋}
7708138_158_D_500
▪︎REEF DRAFTSMEN ¥12,960
http://zozo.jp/shop/midtide/goods/6708138/?did=18868018

ZOZO限定チャンピオンPACK Tシャツ!急な汚れ、雨に!バックに一つあると便利なパック2。
http://zozo.jp/shop/midtide/goods/11337828/?did=26590974

12337828B_1_D_500
▪︎CHAMPION 2PAC T-SHIRT ¥4,536

No.2 : [ Hironori Nakamura ]
Converse PR

http://www.converse.co.jp/

オールワンカラーにすることでシンプルにスタイルを選ばずに履くことができるコレがオススメです。ダックブーツがモチーフとなっていてアッパー部分に大きく使用されたラバーがポイント。ぬかるんだ場所でも心配無しです!!
shoes_02
▪︎ALL STAR ST DUCKBOOTS HI ¥8,100
https://shop.converse.co.jp/shop/g/g32069340210/

KELTY創業当初のデザインを復刻!見た目よりも軽く、背負い心地も良い逸品。容量ももちろん入りますが、何よりもこれをフェスで背負っていたら注目の的にちがいない。
20130605165411
▪︎KELTY MOUNTAINEER FRAME PACK 3 ¥35,000(税抜き)

http://www.arg-intl.jp/blog/kelty/20150831172919.php

No.3 : [ Kanako Terui ]
RVCA Japan MARKETING

https://jp.rvca.com/

低価格なので汚れでも気にならず履き心地抜群のビーチサンダル!雨でも問題なし。
AG208755-2016S-m-03-dl
■KUSTOM:ANGEL MULTI BORDER ヌードルワイヤー サンダル ¥2,800(税抜き)
http://shop.billabongstore.jp/fs/billabong/AG208750-2016S

防水ポケットがあるので、雨が降ってもOK!クーラーポケットで飲み物のもばっちり冷やせます。
■DAKINE ウェットバッグ/リュック JETTY WET/DRY 32L HAZ ¥12,800(税抜き)

No.4 : [ Megumu Aiyama ]
SINGHA BEER

http://singha-beer.jp/

フジロック、いよいよ20日を切りましたね!
私も今年は久々に行く予定です。(土日ですが・・)
そんなタイミングで、今年はPATRICKから初めて発売されるスポーツサンダルを狙っています。
もし、晴れたなら(!)ソックスを履いてショートパンツかプリントワンピースと合わせたいと思っています。ソールはビブラムソールを使用、ミッドソールのクッション性も良いのでフジロック中の移動にも負けずに履けるのではと思います。フランス生まれのパトリックらしいトリコロールか、シックなブラックか迷い中です。
※雨が降ったらおとなしくパッカブルのレインブーツを履きます・・

■PATRICK JACKMAN ¥12,000(税抜き)

おすすめグッズは“サーモマグのアンブレラボトル”です。
mug_shirts
▪︎thermo mug Umbrella Bottle ¥2,200(税抜き)
フェスではビールももちろん美味しいですが、「ちょっとコーヒーが飲みたいな」ということも。アンブレラボトルは保温・保冷性が高く、ステージ間を動き回って一息つく時もまだしっかり温度を保ってくれます。細身で軽量なので持ち歩きしやすいこともポイント。フジロックでは、給茶ポイントもあるので一つ持ち歩いていると便利ですね。
http://thermomug.com/store/products/detail.php?product_id=433

もう一つおすすめグッズは“コットンの長袖シャツ”。暑ければ袖をロールアップして、少し肌寒くなれば長袖に。風通しも良く、日焼け、虫刺され予防もできるので長袖シャツを着ることが多いです。今年は愛用の「jipijapa(ヒピハパ)」のシャツを着ていく予定。

No.5 : [ Reina Shirasaka ]
Sandy magazine Editor-in-chief

http://sandy-mag.com/

足元は、いろいろと試すより、昔から馴染みのある定番が好きです。フェスに関わらずですが、シーンによって履き分けています。ビーチ沿いフェスは、他のビーサンより精巧で、かなり歩いても壊れなく、シンプルなのに風格のあるハワイアナスのブラックビーチサンダルに。
1_000000000250
PunkやモーターサイクルのフェスはDr.Martinの8ホールか、レディ感をプラスしたい時は、3ホールのチャンキーヒールを合わせます。足を踏まれたり、マフラーでの火傷やケガ防止でもあります。

Generated by IJG JPEG Library
Generated by IJG JPEG Library

Sk8など、アクティブに動くかもしれないフェスは、コンバースオールスターのハイカットのグレーかブラックを。

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/236x/2e/eb/6f/2eeb6f68840e2bbeb32175443cacc450.jpg
https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/236x/2e/eb/6f/2eeb6f68840e2bbeb32175443cacc450.jpg

靴は、黒やグレーなど地味な色が好きなので、Dr.Martensとコンバースは、STANCEソックスをその日の気分にマッチした柄でインして、足元の色彩をプラスしたりしています。

フェスアイテムは、グローブのスケートと自家製サングリアを入れたメイソンジャー8Lディスペンサーです。フルーツやハーブをたくさん入れて仲間たちと味わいます。オニオモイです(笑)
70726f647563742f32303135303232375f3530623733642e6a7067003430300000660023666666666666
http://www.masonjar.jp/product/161

No.6 : [ Naoki Nakajima ]
Wab Design INC.

http://www.wab.cc

夏フェス(野外フェス)として想定をすると、雨が降った時に濡れるのも嫌だ。
ただステージ間の移動も激しく行うタイプなので、疲れにくい靴の方が良い。

なおかつ少し洒落ていたい。

そんなわがままに付き合ってくれそうなのが、MOONSTARの”ALWEATHER”。

名前の通り全天候に対応するモデルになっており、MADE IN KURUMEでの製造による確かな履き心地と足下の状態が悪い場面でも気にせず履くことができる仕様が魅力的。
l_62l54008
▪︎MOONSTAR 「ALWEATHER」 ¥14,000(税抜き)

http://www.moonstar.co.jp/shoes/shoesdetail.php?shoes_cd=62L540&product_cd=62L54008

夏フェスというからには、日中の暑さは相当なもの。人の熱気で体感温度も上がるし、汗ベタつきで不快な思いを付き物。制汗スプレーやシートでリフレッシュする人も多いかと思いますが、僕は、Aesopの”ハーバル ボディスプレー”を使っています。ほのかに香るローズマリー、セージ、ユーカリなどの香りで気分もリフレッシュするし、肌もすっきりする。小ぶりなので、持ち運びにも便利なアイテムです。
aesop-online-personal-care-herbal-body-spray-50ml-c
▪︎Aesop ハーバル ボディスプレー 24 ¥3,300(税抜き)
http://www.aesop.com/jp/body-care/personal-care/herbal-body-spray.html

No.7 : [ Miki Toyoshima ]
Fashion PR

http://www.sugiyama-pr.co.jp/

私のオススメの履き物は、『TevaのハリケーンXLT』です!今年新たにカーキを買ったので、何を着ようか考えているところです。
1013789-CYP_1
▪︎Teva HURRICANE XLT REGRIND ¥7,300(税抜き)*こちらは女性限定のカラー。

私の夏フェスオススメグッズは、『ハッカ油スプレー』です。暑い時にひと吹きすると、ハッカの香りとひんやり感ですっきりします。持ち運びやすいサイズで、虫除けにも使えるので屋外のフェスにオススメです。
03221720_514c1439a8ddf
https://e-hakka.com/products/detail.php?product_id=3
¥1,080(税込)

No.8 : [ Mikiko Tani ]
担々麺ブロガー

http://ameblo.jp/gogo-tomomiki/

FUJI ROCKで最大のテーマがファッションです。
おしゃれしたいのに、雨が降ったり、寒かったり、はたまた暑かったりで、
いつも困ります。

昔、母がCHANELのブーツで、白のワンピース(これまたCHANELでした)でFUJI ROCKを楽しんでいたのですが、
それが、私のベストドレッサーです。

なるべく、雨でもレインブーツよりデイリーにコーディネートしたいから
このふたつをチョイスしました。
・Dr.martens の8ホールのオールブラックのやつ

http://www.hercampus.com/sites/default/files/styles/full_width_embed/public/2015/09/16/Behati-Prinsloo-Lands-In-Paris-6-1.jpg?itok=J_I26ATH
http://www.hercampus.com/sites/default/files/styles/full_width_embed/public/2015/09/16/Behati-Prinsloo-Lands-In-Paris-6-1.jpg?itok=J_I26ATH

35_1_1_6

・CONVERSEのRAINPROOFY HI

おすすめのフェスグッズ。

O-のストールは超便利です。
寒い時は、防寒に。
暑い時は、日よけに(UV加工されてます)。

この写真は、O-デザイナーの夫人でもある、薫姫が夫婦でインドに行ったときの写真です。
この写真は、O-デザイナーの夫人でもある、薫姫が夫婦でインドに行ったときの写真を拝借しました。

ペットボトルのお水をほとんど吸うくらいの吸収力で
なおかつ速乾性もすぐれているので、ずっと持ち歩いていました。
大きさも程よくて、超便利アイテム!!!

いろいろ考えていたら、たのしみですねー。
たのしみですねー。
たのしみです。

ガンバンブースとなりにあるオアシスエリア内黄色のテントKARMAカーマで🌟量もたっぷりの美味しいドリンクを飲みながらダラダラしたいです。

No.9 : [ Shogo Alberto Shibata ]
VISSLA JAPAN

http://vissla.jp/

IMG_1507
履物、それは時にはTシャツ以上にスタイルを主張するアイテムだと思います。

雨でグチャグチャになるのを気にせず、白のハイカットのチャックテイラーが汚れていくのを楽しむ、そんな遊び方もあるかも。

水性ペンで落書きしておいて、それが滲んだりしたら、それも思い出に。

僕なら、お目当てのバンド名や日付をペイントしますね、予め防水スプレーくらいはしておくと思いますが。

No.10 : [ Eri Sakurai ]
BLACK BY MOUSSY Designer

https://www.blackbymoussy.jp/

287927.LINE
野外にかならずもってく靴はいつもレザーだけど雨にもつよいサイドゴアのblundstone。

と、

287930.LINE
ちょーキタネーtevaだよー WWW

そして、
今年のフェス用に買ったnewアイテムは、保冷25時間、保温12時間okのコークシクルだよー

がんばろー🙌✨✨
フジロックまで後すこし🏋🏽✨

287937.LINE
▪︎CORKCICLE キャンティーン 470ml ¥4,500(税抜き)

No.11 : [ Eri Ashihara ]
Vitra Marketing & PR Manager

www.vitra.com

フジの足元、もうかれこれ8年くらいは使ってる、
コロンビアの迷彩ショートレインブーツです。

・フジ参加初年度→スニーカーにで泥まみれ、撃沈。

・フジ参加2年目→ハンターのロングの長靴で重く、蒸れ、撃沈。

・フジ参加3年目→軽くて、かさばらず、スニーカー感覚ではけるコレ。

参加3年目についに出会ってからの8年選手。
オレンジカラーがポイントの迷彩柄も汚れが目立たず気にいってます。
写真は、ほんとうは足首部分が黒の防水生地でカバーされていて、紐付きでしたが、
いつの頃からか、なくなりました。笑

ただ、買い替えようとしたらもう売ってなく、ボロボロですがまだはけるので
今年も一緒に苗場へゆこうと思ってます。
image1

あと、次に狙っているのは、パラディウムの完全防水スニーカー。「パラディウム Pampa Puddle Lite WP」
st2
色やデザインディテールもよく、軽そう。内側のチェック柄もポイント高し。
▪︎PALLADIUM Pampa Puddle Lite WP 12,000円(税抜き)
http://www.oshmans.co.jp/118343?ref=3

オススメアイテムは、かなりプラクティカル系ですが、一日中歩き回った身体にエアサロが手放せない!
これをして寝ると次の日もしっかり動けます。
1
http://www.airsalonpas.jp/pc/index.html

ちなみに、新聞紙もあると便利グッズです。
雨で使った長靴の中に入れ1晩置くと湿気を吸ってくれて翌日も快適にはけるという優れものです。
終わったら捨てて帰ります。

グループ内にフジロック15年選手くらいの友達がいて、全て彼女からこの伝統を受け継ぎました。w

No.12 : [ Takashi Aqzawa ]
ALDIES OWNER & DESIGNER

http://aldies.net/

フェスにおすすめの履物は、早朝に裏山をトレイルラン!
もちろん、デザイン的に普段履きもOK!
103134243
▪︎XERO SHOES 12,744円(内税)
http://aldies.shop-pro.jp/?pid=103134243

フェスにおすすめのアイテムは、贅沢な刺繍がポイント「Vase Embroidery T/ベースエンブロイダリーT」です。
101911319
COTTON×Outlastのオリジナルボディは、余計な熱は外部に逃すその機能面と、コットンTシャツならではの表情を共存させていて、気温の変化の激しいフェス会場ではとても役に立つのではないでしょうか。

追伸:アルディーズはNEW SHOP 「ALDIES名古屋店」を7.23にOPENいたします!
http://aldies.jp/blog-entry-3584.html

http://www.bbc.co.uk/blogs/learningenglish/glasto_rain.jpg
http://www.bbc.co.uk/blogs/learningenglish/glasto_rain.jpg

今年は観測史上、一番暑い夏になると言われているのだが、フジロックフェスティバル会場は山の中にあるので気候がとても変わりやすい場所。上のような写真(これはグラストンベリーの会場らしい)みたいに洪水なフジを私は体験したことはないし、したくもない。けれども、雨が降らないフジは20年間の中でわずかしかない。だったら、雨のフジさえも楽しめるように、備えて憂いを無くす準備はしたらいいのだ。

なんにせよ、フジロックフェスティバル20周年おめでとうございます!
我々フジロッカー一同、馳せ参じて盛大に乾杯の嵐でお祝いさせていただくことを誓います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA