Culture,  NEWS

完全復活を果たし日本に再上陸したMELO®(メロ)。秋の新色発売!

世界的な経済の低迷やアメリカ同時多発テロの影響を受け、縮小してたバックブランドのMELO®(メロ)が、「MADE IN USA」のクオリティとコストパフォーマンスを向上させて2012年秋、MELO(メロ)が完全復活を果たし日本に再上陸を果たしました。そのMELO®(メロ)から、アイコンバック「3ポケットバックパック」と、「スクエアバックパック」の新色が登場します。
http://melobags.jp/


Medium 3 pocket Backpack(ミディアム3ポケットバックパック)

「ミディアム3 ポケットバックパック」は、創業当時、ニューヨーク大学院生であった創業者のジム・メルヴィルが“機能的でシンプルなバッグ”をコンセプトに開発。メインコンパートメントは、A4サイズが収納可能で、3つの立体的なアウトポケットには、ペンケースや⻑財布、手帳、グラスケース、携帯などの出し入れの頻度が高い小物を収納することができる。また、ボリュームを抑えた「ショルダーストラップ」の採用や、アメリカ産高密度ナイロン「PACK CLOTH」を使用することで、耐久性と軽量性(約290g)を実現するなど、タウンユースにフィットしたモデル。定番カラーのブラック、ネイビー、カモフラージュ、ベージュに追加して、この秋にレッドとブラウンが新色として登場。


¥8,900(税抜) W33 × H38 × D7cm ※新色 レッド、ブラウン

2

Square Backpack(スクエアバックパック)

一方、「スクエアバックパック」は、昨年にデビューした人気のモデル。アイコンの「3ポケットバックパック」の引き紐やバックル付きフラップなどのDNAを引き継ぎ、四角いシルエットに落とし込まれている。さらに、コーデュラナイロンのボトムを採用し、耐久性を向上。パープルとカーキの新色が発売される。
※メロの製品は全てアメリカ産の素材やパーツにこだわり、ニューヨーク州にある自社工場にて、ハンドメイドで作られている。
¥10.400(税抜) W29 × H41 × D18 cm ※新色 カーキ、パープル

1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA