Art,  Culture,  Fashion,  NEWS

・CUTBACK TO AUSTRALIA・

CBA_FINAL-600x848

「髪を切ること。そしてサーフィン。僕にはそれ以外のことが考えられない。」
“Hair California” オーナーのであり、創造性や好奇心、そして人間が深層で抱いている放浪したい欲を刺激する【・CUTBACK TO CALIFORNIA・】を発案した軽部京介は再びハサミだけを持って今度はオーストラリアに旅立った。

オーストラリアに旅立つ理由は半年以上前にさかのぼる。

軽部がふらりと地元の海岸を歩いている時にたまたま日本に来ていたオーストラリアのJAZZ&SURFを愛するデザイン集団LOVE D.I.との不思議な出会いがキッカケで、その後、彼らはこの半年間で何度もセッションを繰り返したことが発端である。

旅を愛して、共にサーフィンを愛し、そして人間の出会いに感謝をする者同士が惹かれ合って、急速に親睦を深めて再び始動することとなった・CUTBACK TO AUSTRALIA・

2013年の【・CUTBACK TO CALIFORNIA・】は副産物としてブラジルのサーフ・フィルム・フェスティバル『Mimpi Film Fest.』にてベストアイデア賞を受賞しているなど、独創性に優れたこの企画。舞台をオーストラリアに移して、どのような出会いが待ち受けているのだろうか。


「髪を切ること。そしてサーフィン。僕にはそれ以外のことが考えられない。」

初めて出会ったときに軽部はこう言った。

多くの人間は1つの事に突き詰めたい。という願望を持ちながらも、欲張りで、気がつけば他の事にも気を取られてしまうところだが、彼は常に純粋にひたすらまっすぐにサーフィンとヘアカットだけを考えているのだ。

この言葉を聞いた時に「羨ましい」と心に思ったことをまだ軽部には話していない。

それを打ち明けるにはまだまだ私も若すぎる。

今回の旅のゴールはSydneyのRVCAが運営するDownstairs GalleryでのHair Cutイベントとなっており、その道中ではByron BayなどでHair Cut Eventを企画中。運に身を任せる部分もあるこの企画、どんな人物と出会うかはまだ未定だが、現時点では現地のプロサーファーなど豪華ゲストが登場予定とのこと。

オンライン上ではFacebookやInstagramなどの各SNSを利用して旅の模様を随時UPされているので動向をが気になる方は、下記Instagramほか、RVCA japanのFacebookページなどをぜひフォローして下さい。

【instagram】

http://instagram.com/haircaliforniakaru

http://instagram.com/rvcajapan

http://instagram.com/rvca_aus

http://instagram.com/8hotel

http://instagram.com/lovedesigninitiative

【HP】

http://www.haircal.com/

http://8hotel.jp/

http://lvdi.com.au/

https://www.facebook.com/RVCAJapan

—————————————————————————-

– “CUTBACK TO CALIFORNIA”とは –

ハサミと サーフ ボードを手にウエストコーストを旅し、アー ティストや ジョエル・チューダーやタイラー・ウォーレンといったサーファーなど、道中で様々な人々に出会いながらヘアーカットを行い、その様子をBEFORE CUT、AFTER CUTとして写真をおさめた企画。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA