Art,  Culture,  Fashion,  NEWS,  Travel

フリーサーファーで美容師の軽部京介|5つのサーフフィルムと思い出のサーフボード。Supported by EVOLG

banner

フリーサーファー軽部京介
5つのサーフフィルムと思い出のサーフボード

Presented by EVOLG
http://shop.evolg.jp/

サーフ+ヘアカットというエピックなアイデアで生まれた「CUTBACK TO CALIFORNIA」という旅路をおさめたフィルムでは、ブラジル映画祭mimpifilmfestで「ベストアイデア賞」を受賞。 神奈川県の藤沢市と、平塚市で美容室「Hair California」を営みながらも、ハサミとサーフボードだけを抱えて、ぶらりと思い立ったように旅路にでてしまう、フリーサーファーでもある軽部京介さんのオススメのサーフフィルム、思い出のサーフボード、そしてどのEVOLGをチョイスしたか?お答えいただきました。

オススメなサーフフィルムを5つ。
その理由も教えてください。

ENDLESS SUMMER

2人の青年サーファーが永遠の夏を夢見て追いかけるが、行き着く先は生まれ故郷だと知る意味深い映画。

LONGER

始めて買ったサーフムービーです。ジャズやボサノヴァにのったJOELのロングボードの映像が本当に衝撃的でした。

ADRIFT

LONGERと同じくJ・BROTHERの作品。ビースティーボーイズの軽快なサウンドとマッチしたロングボードの映像が好きです。

WALKING IN STYLE
herbie
Herbie Fletcher(ハービー・フレッチャー)監督の中で1番好きな作品。これを見てCALIFORNIAのMALIBUに憧れました。

BIG WAVE

山下達郎氏が音楽を監修。MARK RITCHERSのクローズドスタンスでライトニングボルトのガンセッションがハワイの光景と交わり、何とも言えない80年代の眩しい明るさが好きです。

長年サーフィンを堪能してきたカルの
想い出に残るサーフボードを1つあげるとしたら?

2013年にCUTBACK TO CALIFORNIAというプロジェクトでカリフォルニアをサーフィンとヘアカットをしながらキャンピングヴァンで2週間過ごしました。その時にTYLER WARRENから借りた、彼のシェイプのピンテールでシングルフィンのロングボードが特別思い出に残っています。テイクオフとノーズライド、ターン、3つのバランスが絶妙でした、色もクリーム色で可愛かったです。
Cut Back To California (Trailer)

surfing_karu

ここ数年はいろいろサーフを交えて旅してきたカルの2017年はどんな感じ?

CUTBACKシリーズの続編を撮影しにヨーロッパに行きたいです。

このEVOLGをチョイスした理由を教えてください。

karu_lars

色で選びました。今はネイビー色のものがマイブームです。

KARU’s Choice [LARS] 9,180yen(incl.Tax)
http://shop.evolg.jp/?pid=109299139

最後に、なにかあれば。

サーフィング、ヘアカット、ファミリーの3本柱で、毎日楽しい、湘南らしいライフスタイルを送っています。Instagram : @karubekyosuke を応援してください。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA